FTPソフトの設定方法、FTPサーバーに接続できない時の対処法

FTPソフトの設定方法、FTPサーバーに接続できない時の対処法

FTPとは


FTP(エフティーピー File Transfer Protocol)とは、インターネットやイントラネットなどのネットワークでファイルを転送するときに使われるプロトコルの1つで、一般的には作成したホームページデータをサーバーにアップロードする時に必要な情報として登場します。

「TOLサーバー」では、ご契約時に「FTP接続情報」をお渡ししていますので、お客様自身でもFTPツールを使ってサーバーに接続、自由にホームページの修正や更新をおこなうことができます。

また反対に「FTP接続情報」が他者に知られてしまうと、誰でもお客様のレンタルサーバーの中に入ることが出来てしまいます(ホームページを書き換えることが出来てしまう)ので、取り扱いには最新の注意が必要です。

 

FTP接続の方法


1.サーバー接続に必要な「FTPクライアントソフトウェア」をご用意下さい。

フリー(無料)で手に入れることが出来ます。ホームページビルダーなどの作成ソフトにも標準で付いていますが、ここでは代表的なFTPクライアントのフリーソフトウェアである「FFFTP」を使ってご説明いたします。

ダウンロード http://sourceforge.jp/projects/ffftp/
※弊社ではソフトについての保証、サポートは承っておりませんのでご了承ください。

 

2.解凍後、「新規ホスト(N)」をクリックして必要情報を入力して下さい。

以下のような画面が登場いたしますので、

解凍後、「新規ホスト(N)」をクリックして必要情報を入力して下さい。
下記入力画面が登場いたします。
弊社がお知らせしたFTP接続情報を入力してください。基本的には4つの項目を入力するだけで接続できます。

ftp-2

● ホストの設定名(N): お客様の好きな名称を入れて下さい(日本語可)
● ホスト名(アドレス)(H): www.tour.co.jp など弊社にてお知らせしたホスト名
● ユーザ名(U): aaabbbccc など弊社にてお知らせしたユーザ名
● パスワード/パスフレーズ(P): 弊社にてお知らせしたパスワード

それ以外の「拡張」「文字コード」「ダイヤルアップ」「高度」は特にさわらなくても結構です。

 

3.「接続」をクリックして下さい。

「接続」ボタンを押すと下記の通り、左右対称のウィンドウが立ち上がります。

「接続」ボタンを押すと下記の通り、左右対称のウィンドウが立ち上がります。
左側がお客様のパソコン内部
右側がサーバーの内部

を表しています。

 

4.右側(サーバーの内部)の「html」フォルダをクリックして下さい。

ホームページ公開や修正に必要なデータは「html」フォルダの中に入れる必要があります。

上矢印ボタンはサーバーへアップロードする時に使います
・上矢印ボタンはサーバーへアップロードする時に使います
・下矢印ボタンはサーバーからダウンロードする時に使います

必要なホームページデータを選択(反転)して、上矢印ボタン(アップロード)を押してください

5.以上で終了です

実際にインターネットからホームページをご確認ください。

 

FTP接続できない、エラーになってしまう場合


FTP接続できない、エラーになってしまう場合はいくつかの原因が考えられますので、下記を参考の上、設定の再確認をしてみてください。確率の高い順に記載しています。

  • 「パスワードの入力が間違っている」
    もっとも多い原因です。パスワード入力項目は●●●●表示になっているため、間違えやすいので「テキストエディター」などに一度記入した上で、コピー&ペーストして貼り付けてみましょう。
  • 「拡張」の「PASVモードを使う」のチェックをはずしてみる
    ご利用のサーバーによって「PASVモードを使う場合」と「PASVモードを使わない場合」があります。接続がうまくいかない方は両方を試してみましょう。
  • 「目に見えないスペース(空白)が入っている」
    コピー&ペーストをした時に起きる間違いです。ホスト名(アドレス)、ユーザ名、パスワードに余計なスペース(空白)が入っていないかバックスペースボタンを押して確認してみましょう。
  • 「DNSに切替がまだ終わっていない、反映されていない」
    DNSを切り替えたばかりの時に起こる現象です。DNSの切替は場合によって48時間程度かかるケースもあります。しばらくしてから再度試みるか、または「ホスト名(アドレス)」を「IPアドレス」に変更して試してみて下さい。
  • 「会社のネットワーク環境がブロックしている」
    LANや元締めのルーターで、インターネットへの接続を制限している可能性もあります。またDNSを切り替える前の情報がキャッシュに残っていて、古い情報を読み込みにいくケースもあります。一度ご利用のLANルーターを再起動(一度電源を切る)した上で、再度試してみてください。
  • 「ファイヤーウォール、セキュリティソフトなどの影響」
    あまり起こることではございませんが、ご利用のセキュリティソフトが強固なため、ブロックをしている場合もあります。お手数ですが、一度セキュリティソフトを停止した上で、再度試みてください。