お客様のホームページを守るTOLの「ファイヤーウォールサービス」

お客様のホームページとサーバー、メールを守るTOLの「ファイヤーウォールサービス」


ファイアウォールとはお客様の共有サーバーネットワークへ外部から侵入されるのを防ぐシステムです。「TOLサーバー」では、米ジュニパーネットワークス社(米国カリフォルニア州サニーベール・従業員9,000名以上(47カ国に事業拠点))のJuniper SSG5-SB(128MB版) をインターネットとお客様サーバ機器の間に設置しています。

きめ細やかなファイアウォールポリシーによるステートフルパケットインスペクション(セッションの状態を監視しながらパケットを調査)が可能。ネットワーク攻撃、DoS攻撃に対してフルステートでサーバを守ります。

Juniper SSG5-SBは、業界最高クラスのパートナー企業から提供されたセキュリティ機能を結集したUTMでワーム、ウィルス、トロイの木馬、スパムなどの新たに登場するマルウェアからネットワークを保護します。内部ネットワークのセキュリティ要件を満たし、法令遵守を徹底するために、セキュリティゾーン、バーチャルルーター、VLANなどの高度なネットワーク保護機能をサポートしています。

 

さらに強固なファイアウォールシステムをご要望のお客様は


さらに強固なファイアウォールシステムをご要望のお客様は「アンチウィルス」や「アンチスパム」を搭載したオプションもご用意しております。ご希望のお客様は弊社までお声がけ下さい。

■「ファイアーウォール+アンチウィルス」

またオプションにてファイアウォール機能だけではなく UTM(統合脅威管理)として、アンチウィルス・アンチスパム機能を実装する事が可能です。

アンチウィルス機能は、株式会社カスペルスキー社が提供するアンチフィッシング、アンチスパイウェア、アンチアドウェアを含むアンチウィルス統合型エンジンを搭載し、脆弱性を狙ったワームやウィルスからの脅威をネットワークレベルで除去します。

カスペルスキー社はPC およびネットワークを保護する世界最高レベルの情報セキュリティソリューションを提供する、国際的なソフトウェア開発企業です。カスペルスキーは1997 年創設以来、本社の所在地であるロシアをはじめ英国、フランス、ドイツ、オランダ、日本、中国、韓国、米国など 29 カ国の事業所で、2300 人を超えるプロフェッショナルな社員が情報セキュリティ製品の開発・販売・サポートにあたっています。すでに日本国内においてもその堅実で強固な技術が評価され、業界のリーディングカンパニーをはじめ、官公庁、公共・教育機関まで幅広く導入されています。

■「ファイアーウォール+アンチウィルス+アンチスパム」

また、アンチスパム機能は ソフォスSophos社とのパートナー契約により、業界最高クラスのアンチスパムエンジンを提供します。アンチスパムエンジンは、迷惑メールやメールに潜むマルウェアを検出、ブロックします。

ソフォス社は、マルウェア、スパムなどさまざまな脅威を阻止する最先端のセキュリティソリューションを提供しており、製品は、150ヶ国以上の国々で、 Pixar (ピクサー)、Northrop Grumman (ノースロップ グラマン)、Xerox (ゼロックス)、Ford (フォード)、Avis (エイビス)、東芝など含む 10万社以上の法人企業と 1億人以上のユーザーのネットワークを保護しています。

 

TOLサーバーは東京都内のNTT東日本データセンターに設置


データセンターは信頼性の高い東京都内蔵前のNTT東日本のデータセンターにて設置・管理されています。

NTT東日本のデータセンターは、高度な耐震構造ビルに空調システム、無停電電源装置などが完備されており、24時間365日有人監視で、地震や水害・火災などの災害から、大切な情報資産を守ります。NTTの通信技術を結集したデータセンターはセキュリティを重視する多くの企業様にご利用いただいております。

※NTT東日本のデータセンター
官公庁や法人のお客さま向けデータセンター。安全性・信頼性の高いNTT東日本データセンターで、大切な情報資産をお預かりいたします。24時間365日、監視・保守・運用からセキュリティー対策まで、ワンストップで支援。